MENU

主な原因は血管の収縮!

血管は収縮や拡張を繰り返し、全身に血液を巡らせていますが、緊張や嫌悪感など何らかのストレスを感じることで、「セロトニン」が過剰に放出してしまい、脳にある血管を広げてしまいます。
そのとき血管周辺にある「三叉神経(さんさしんけい)」が刺激を受けると、痛みの原因となる物質を放出してしまい偏頭痛の痛みを発生させるのです。

 

では、血管を拡張してしまうのはどんな時なのか?
色んな場面を紹介していきます。

生理期間でホルモンバランスが乱れる時

女性は生理周期があり、ホルモンバランスが乱れやすいです。
女性ホルモンの分泌は生理前と生理期間中では異なり、偏頭痛やイライラなどの気持ちの乱れなどに関係します。

 

生理前に分泌される「プロゲステロン」は、頭痛・月経前症候群(PMS)・肌荒れ・便秘などの体の不調を引き起こしてしまう女性ホルモンです。
ただ、生理期間中になると「エストロゲン」が分泌されるようになり、症状は緩和されていきます。

天気が悪くなり気圧が変化する時

天気が悪くなると、気圧(地面にかかる圧力)が変化し、地上にいる私たちにかかる圧力にも違いが出てきます。

 

低気圧になると圧力が低くなり、押さえつけられていた脳の血管が広がってしまうので、頭痛を引き起こしてしまいます。

緊張や精神的にストレスを感じ体のリズムが乱れる時

体が緊張したり疲労感が溜まると筋肉が凝り固まり、血流の流れ・からだの巡りを悪くしてしまいます。

 

血管を筋肉で圧迫したり、老廃物を排出できなくなってしまうと、吐き気や頭痛などを引き起こしてしまうのです。

肩凝りや目の疲れが原因の時

偏頭痛を起こす原因となる「三叉神経」は首や肩のあたりまで張り巡らされており、疲れが原因で血流が悪くなっていると老廃物が溜まり「三叉神経」を刺激してしまいます。
そうすると炎症を起こし、偏頭痛を起こしてしまうのです。

空腹状態が続き低血糖になった時

人は低血糖が続くと、食べ物を摂るように体が反応し、脳から指令が出ます。
そのときアドレナリンホルモンが分泌されるのですが、アドレナリンは血管を収縮させてしまう働きがあります。
そして脳の血管も同じように収縮させてしまい、頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

また、空腹時はインスリンが過剰分泌され、それによって発生してしまった活性酸素は脳の神経を刺激し痛みを起こします。
インスリンが分泌されると一時的に血糖値は上がりますが、急上昇したインスリンは血管内の糖分を分解してしまうので、再び低血糖になり頭痛を繰り返してしまいます。

 

偏頭痛の原因はたくさんあるので、自分がどの原因に当てはまっているのか分からない人も多いですよね。
原因が分からないと解決方法も見つからず、どう対処すればいいのか悩んでしまいます。。

 

そんなときは、成分が豊富で様々な効果が期待できる「サプリメント」を飲んでみるのがオススメです。
ズキラックやズツノンDr.などの偏頭痛に効くサプリメントは、漢方薬に含まれる生薬やハーブなどが配合されており成分が豊富です。

 

疲れで偏頭痛が起きることもあれば、気圧の変化で痛みが発生することもあるので、頭痛の原因となりえる上記全てに対応してくれるサプリメントを持っておくと安心できますね。