MENU

バファリンが効かない!
そんな時どうしたらいいの…?

頭痛偏頭痛をすぐに抑えたいのに、薬が効かないとなると困りますよね。

 

そんな時に役立つ
「市販薬に頼らず偏頭痛を和らげる方法」を紹介するので是非試して下さい。

 

血管部分を冷やす

冷やす偏頭痛は血管が広がり周辺の神経を刺激してしまうことが原因で起こります。
拡張した血管を収縮させるために
『首の後ろを冷やすのが効果的』ですよ。

 

こめかみなどズキズキと痛む部分を直接冷やすのもオススメです。

 

ツボを押す

つぼ頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」や
眉間の間にある「印堂(いんどう)」など、体にはツボがたくさんあります。

 

イタ気持ちいい強さを目安に1日数回ツボを押すだけで、自律神経を正常な状態に戻す働きが起こります。
肩凝りや目の疲れからくる偏頭痛の改善に繋がりますよ。

 

偏頭痛に効く成分を摂る

サプリメントストレスを受けたり、ホルモンバランスの乱れでセロトニンが過剰分泌してしまうと、脳の血管を拡張させてしまいます。

 

セロトニンの分泌を抑えるフィーバーフュー酸化マグネシウムを摂ることで、偏頭痛の改善だけでなく予防にも繋がります。

 

このような成分はハーブや漢方で作られているサプリメントに多く配合されています。

 

サプリメントでも偏頭痛を抑えることができるのか?偏頭痛を抑える人気の市販薬(バファリンA)とサプリメント(ズキラック)の成分や効能の違いを比較してみたので参考にして下さい。

市販薬とサプリの成分・効能比較

有効成分 効果・効能
副作用
市販薬
(バファリンA)
アセチル
サリチル酸
(アスピリン)
痛みや熱を解消

胃痛
サプリメント
(ズキラック)
フィーバーヒュー 頭痛の原因「セロトニン」の分泌を抑制

なし
酸化マグネシウム 急激な血管の広がりを予防

なし
・大豆イソフラボン
・チェストベリー
ホルモンバランスの乱れを整える

なし

市販薬で使用されている代表的な成分はアセチルサリチル酸(アスピリン)一つです。
アセチルサリチル酸は胃腸の防御機能を低下させるため、胃痛などの副作用を起こす危険性があるので、胃腸が弱い人は飲み過ぎに注意ですね。

 

一方サプリメントは天然成分を使用しており、体への負担が少なく副作用の心配がありません。
偏頭痛が治っても副作用の胃痛に悩むことになると、薬を飲む意味がないですよね。

 

また、市販薬は偏頭痛が起こってから飲むので、効果が出るのが遅く、痛みを我慢しないといけません。

 

痛くないそれに対しサプリメントは普段から飲み続けて効果を出していくものなので、ただ痛みを解消するだけでなく、痛みの原因を改善してくれて偏頭痛自体を起こりにくくする効果があります。

 

市販薬のような痛みを解消する薬は、体が成分に慣れてしまうと効果を感じなくなってしまい、痛みを解消することが出来なくなってしまいます。

 

偏頭痛の市販薬が効かなくなってきたというときは、サプリメントを試し偏頭痛の原因を改善するのがオススメです。
矢印> 市販薬が効かない人におすすめ <
> 偏頭痛サプリ人気ランキング <